自宅

憧れのマイホーム

ゲーム 2017年の振り返り2-2

 前回の続き。

 
This war of mine

store.steampowered.com

 This War of MineもそこそこSteamに触れている人にとっては見聞きしたことのあるタイトルのはず。数万のレビューが付いているにも関わらず「圧倒的に好評」のタイトルはそう多くないので世間的にも傑作扱いされてるみたい。

 このゲームの特徴は戦争を被害者の視点で追体験するという部分に尽きる。ゲームシステムやグラフィックも全部この設定を活かすための演出として作られている。テーマとなったボスニア紛争は1992年から1995年までの間、名前の通りボスニア・ヘルツェゴビナで起こった内戦らしく、調べればすぐ出るけど3年間で20万人の死者、200万人の避難者が生まれた規模の大きい紛争だったことが分かる。今まで知らなかったけど。

 プレイヤーはシナリオごとに設定された数人の戦争被害者たちを操作しながらゲームを進める。クリア条件は基本的に戦争が終わるまで生き残ることで、ゲーム内では1日のサイクルがあり、昼と夜がそれぞれ準備パートと探索パートとなっている。

 昼は拠点内で食料を作って食べる、休憩を取る、バリケードやねずみ取りを作るなどの行動を取れる。ときどき拠点の外から野盗が襲ってきて戦闘が始まることや、助けを求める人がやってきて救助のために物資を差し出す(差し出さなくても良い)、ときには仲間として迎え入れることもある。ただ、こういうサブイベントは頻繁に起こるわけではなく基本的に必要な道具を製作し、食事を摂り、休憩して夜を待つという淡々とした作業の繰り返しになる。

 夜は近くの病院やスーパーマーケット、教会、あるいは人の住む民家などのロケーションの中から一つを選び探索を行う。探索パートでは横視点の2Dマップをリアルタイムで探索し、水や食料、木材や武器といった様々なものを手に入れることができる。それぞれのロケーションには危険度が設定されており、高いところでは当然野盗や警備員などと会敵する可能性が高い。場合によっては出逢った人の手によって操作キャラが殺害される危険性もある。殺害ではなくとも怪我をすることもあり、そういった場合は応急手当などを行い、数日は安静にして治す必要がある。怪我は放置しているとだんだん酷くなっていきやがて死ぬ可能性がある。人を逆に殺すことも可能で、略奪強奪上等のプレイングもできるが、大半の操作キャラは人を殺すと精神を病む。精神異常ステータスの最終型である鬱状態のまま数日放置しているとある朝急にいなくなるので人殺しに手を染めるなら精神面のケアが必要になる。

 プレイヤーはこの2つのパートを繰り返し、戦争の終結を待つことになる。

 This War of Mineの魅力は上に書いたように戦争を被害者の視点で体験できることだ。初見で誠実なプレイングを心掛けているとゲーム内時間で3週間もしないうちに、探索パートで怪我した仲間が寝たきり状態になり、動ける仲間は昼間は食事を作り夜はいつ来るかも分からない野盗の襲撃に備えて寝ずに警戒し精神を摩耗していく。食料は尽きたが探索に駆り出したところで何も見つからずジリ貧、という状況に陥ると思う。このゲームがずるいのはこういった状態でも救済策があることで、人のいる民家に強盗として侵入することである程度の食料を入手することができる。つまり自分たちの怯える野盗と同じ行為に手を染めることが生き残るための手段として用意されている。

 初見のときの僕は民家に侵入して老夫婦が「やめてくれ!」とか言ってるの無視して食料強奪してとんずらこいた。その後数日は割と余裕のある暮らしができたけど、更にその後の探索で仲間の一人が亡くなり、他の二人は30日を過ぎた辺りで食料が尽き衰弱しきったところに野盗の襲撃に遭い、その後間もなく全員死亡でゲームオーバーになるという皮肉な終わり方をしてしまった。もちろん、強奪行為を行っていなければ食糧難でもっと早くにゲームオーバーになっていただろうし強奪を咎めるようなシステムはない。ただ、強奪をした上でクリアしたとしても後味が悪くなるのは間違いない。

 ゲーム自体はシステムを理解し物資のやりくりをマスターすればそこまで難しくない。ただ、計画通りに進まない歯がゆさ、尽きていく資源や食料に対する焦燥感やいつ襲撃されるかという不安、そして早く戦争終わってくれという願望で頭の中が支配されていく感じはこのゲームでしか体験できない無二のものだと思うので、沈んだ気持ちになりたい人にはおすすめしたい。

 

 

FINAL FANTASY XV

 キングスグレイヴは感動した。ニックスが指輪をはめた瞬間時が止まって王が語りかけてくるシーンはめっちゃ熱いし、強大な力とその代償とかいう少年マンガ設定も好みなので本編にも同質のものがあると良かったなと思った。どうやらエピソードイグニスではイグニスが指輪をはめるらしく評判も良いのでちょっと買おうか悩んでる。ニックスを主人公にした前日譚を作ってくれ。

 

まとめ

 スクエニの謳うFF15の感動体験に心当たりがない。